Treatment

ジェニファー・アガード、医学博士

Jennifer Agard, M.D.

ジェニファー・アガード博士は、産婦人科および生殖内分泌学および不妊症の理事会認定を受けています。

排卵誘発剤に関する自身の歩みについてアガード博士に伺いました。

ジェニファー・アガード博士は、産婦人科および生殖内分泌学および不妊症の正式な認定を受けています。
アガード博士は排卵誘発剤に情熱を注いでおり、一人一人が独自の方法で家族を作るのを助けることに喜びを感じています。サンフランシスコのベイエリア出身の彼女は、学部課程でサンフランシスコ州立大学に通い、同時にUCSFで幹細胞分化の研究を行いました。アガード博士はUCLAの医学部に通い、そこで彼女は女性の健康と手術への愛情を発見しました。彼女はセントバーナバスメディカルセンターで産婦人科研修を修了し、イースタンバージニアメディカルセンターの名門ジョーンズインスティテュートで生殖内分泌学と不妊症のフェローシップを修了しました。体外受精技術の生みの親である伝説的なハワードジョーンズ医学博士は彼女のメンターでした。

ジェニファー・アガード、医学博士
彼女は2012年にベイエリアに戻り、それ以来ノースベイで活動を続けています。彼女の8年間の活動において、彼女は「ハート・オブ・マリン」、「マリン・トップ・ドクター」、「ソノマ・トップ・ドクター」など、複数の賞を受賞しています。

彼女は、妊孕性温存療法による家族形成についての女性の教育、またIVFと遺伝子検査を通して患者をより確実に成功へ導くことに特別な関心を寄せています。

アガード博士は、夫、2人の息子、そして彼らの犬と一緒にマリンに住んでいます。余暇には、アウトドアを楽しんだり、息子たちのためにサッカーを指導したり、卓球をしたりしています。

Ready? Let's Connect.

We're here to go at your pace and answer any questions you have. Get in touch when you're ready. We'll be right here.

Request a Consult Contact PFC

LGBTQ CareLGBTQ Care
Translate page