Treatment

Waud医師の不妊治療に関する歩み

Dr. Kay Waud

Kay Waud医学博士は、生殖内分泌科医および不妊症のサブスペシャリストに認定されています。チャルマース工科大学で博士号を取得後、NICHD(アメリカの国立小児保健・人間発達研究所)に勤務し、その後Cedars Sinai Hospitalのリサーチフェローになりました。サイエンスへの愛と女性の健康に対する情熱から、カリフォルニア大学サンディエゴ校で医学の学位を取得しました。

体外受精(IVF)で米国初の赤ちゃんが誕生した名門Jones InstituteでREI(生殖内分泌学および不妊症)のフェローシップを修了しました。フェローシップ期間中には研究助成金を受け、男性不妊症患者のビタミンD欠乏に関する研究や過多月経の女性を対象とした治療法の無作為化比較試験を行いました。

その後、学界や研究に携わることとなりました。2016年から2022年まで、ジョージタウン大学で産婦人科の臨床教授を務めました。Waud医師の臨床研究の主な目的は体外受精の臨床成果の向上であり、単一の正倍数体胚移植前の子宮内膜着床能検査や子宮内膜マイクロバイオームを研究しています。

2016年からはワシントンDC地域の患者さんを診察しています。ワシントン・マガジンでは不妊症の「ベストドクター」にノミネートされました。患者さんからは、思いやりがあり、熱心で、革新的な先生と評判です。Waud医師は、家族を作るための旅は時として長い道のりになることを理解しており、その旅の全行程を患者さんと共に歩めることを光栄に思っています。

余暇にはセーリングやスキーなどのアウトドアを楽しんでいます。また、家族と過ごす時間も大切にしています。

Ready? Let's Connect.

We're here to go at your pace and answer any questions you have. Get in touch when you're ready. We'll be right here.

Request a Consult Contact PFC

LGBTQ CareLGBTQ Care
Translate page